事業内容

物理的セキュリティ

ネットワークカメラ(IPカメラ)・監視カメラ・防犯カメラ

ネットワークカメラ(IPカメラ)・監視カメラ・防犯カメラの違い・・・

監視カメラは、読んで字のごとく監視を目的としたカメラになりますが、運用方法が監視だから監視カメラと呼ぶといった感じでしょうか。監視に特化したというよりも、機能として監視に適したカメラという感じだと思います。
例えばレジ回りで従業員を監視したいという目的で、気付かれ難いカメラをといった場合はピンホールカメラなどという選定もあります。
最近では1台のカメラで360度を撮影出来る物も多く出てきており、ぱっと見ではどこを撮影しているかわからなかったり、カメラと気付かない製品もあります。

そして防犯カメラですが、こちらはあえてカメラの存在をアピールすることで抑止効果を得るといった場合もあります。抑止効果という観点ではダミーカメラを用いて導入コストを下げる手法もありますが、ダミーカメラであることが知られてしまうと、効果がなくなります。

ネットワークカメラ(IPカメラ)は、有線LANや無線LAN機能を持っており、映像に加え、音声の入出力などがネットワーク経由で行える機能を持つ製品も多いのが特徴です。
この特徴を生かし、従来のアナログカメラのように監視や防犯を主体とした活用方法はもちろんの事、アナログカメラとは異なる活用法で利用され始めています。
例えば店舗などにネットワークカメラ(IPカメラ)を設置し、解析ソフトなどを用いて、お客様の動線を確認、検証することで、実際のお客様の動線に合わせ商品の陳列を変更することで売上げに繋げたりと、ネットワークカメラ(IPカメラ)の活用は、従来のカメラの利用目的であった防犯・監視の用途から、マーケティングへの活用へと利用目的の幅が広がっています。

もちろん、従来通りの防犯・抑止対策としての活用も、必要に応じて録画する設定や、録画されてたデータから見たいイベントを探しやすいという利点から人気です。しかし録画時間・フレーム・画質・保存期間などによって、録画装置の容量が異なり、当然のお値段も変わりますのでご注意ください。

従来のアナログカメラも利用しつつ、同じ録画装置に接続できるシステムも多く出てきておりますので、既存設備を生かしつつ、増設や一部のリプレイスなどが可能となっております。ネットワークカメラ(IPカメラ)自体も安価になっておりますので、是非ご検討してみてはいかがでしょうか。

お問合せはこちら